スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手の出しにくい将棋

2010年SMKでの最後の対局になりました。
棋聖戦2回戦の対戦相手はfreedom55さん。初手合いです。
棋譜を拝見した感じでは、本格的な居飛車党という印象でした。
恐らく後手番になるだろうと思っていたので、相掛かりを受けて立つ予定でした。



想定どおり相掛かりに。
最近のプロの相掛かりの将棋だと、後手番でも積極的に攻めて行くことが多いが、わたしはあまり積極的なタイプではないため、普通の駒組みをした(笑)
33手目は▲6六角を想定していたので、意表を突かれた。あとで分かったことだが、▲6六歩は松尾七段が得意とされている形だそうで、freedomさんの研究量の深さを思い知らされた。
48手目△4三金右は形を決めすぎたように思う。玉は堅いが左辺が手薄になる。バランス重視で指した方がよかったかもしれない。
56手目△6四銀も微妙。そもそも矢倉の将棋のように7筋(先手なら3筋)に飛車を振って指す感じではないので、愚形だったように思う。せめて△8二飛~△8四銀を目指すべきだったかもしれない。
とはいえ、69手目の局面は先手の歩が3八に戻り、後手の角も好位置で、玉も堅く、後手が指せる感じはしていたが、続く△3四歩が緩手だった。ここでは△3五歩が有力で、▲同銀△同銀▲同角△4四銀▲6八角△3六歩なら後手が指せていた。なので△3五歩には▲4七銀だが△4六歩の筋があって、攻めを振りほどくのは大変だと思う。
75手目▲2五同銀が有力だったか、というのがfreedomさんの感想だった。▲2四歩を打たれると後手陣がもたないような感じだったが、一例は以下、△同桂▲2四歩△同銀▲同角△2八歩!▲同飛△3三銀打▲6八角△2四歩で局面を収められそうだ。▲2五桂には△2八角成で飛車を抜く筋がある。▲2七飛くらいなら△3七桂成として駒の損得はなくなる。
84手目は△8五歩を中心に読んでいた。これで決まれば話は早いが、以下、▲同歩△8六歩▲6五銀△8五飛に▲7七桂が6五の銀を守りつつ、飛車取りに出る好手で決まらない。仕方なく角交換して形勢を悪化させた。
やむをえない端攻めで局面を混沌とさせたのが結果的に勝ちに繋がったが、先手は慌てることなく、冷静に対処していれば後手の攻めを完封できただろう。
一例は△9五歩に相手せず、続く△9六歩に▲9八歩と受けてしまう。103手目の局面なら、▲9六歩△同香▲9七桂がいかにも手筋という感じである。
先手に攻めるだけ攻めさせて、持ち駒がなくなったところ△9五角で一閃を突いた。以下、両王手の筋があって詰む。


久しぶりの相掛かり▲2八飛でした。後手の駒組に問題点が多かったように思いますが、最初は後手がよくなりました。ただ、そこから先手が上手く切り返し、先手有望な局面が続きました。
今回の対局は、手を出した方が負けになるという感じだったと思います。
・▲3五歩から攻めたが、後手が理想形を築いた。
・継ぎ歩、垂れ歩でなんとかなると思っていたが、上手くいかず角交換せざるを得なくなった。
・先手が攻めにいって持ち駒がなくなった一瞬を突いた。
非常に難解な将棋でしたが、面白かったです。
唯一△3四歩が消極的な一手でした^^;

2回戦にも関わらず多くの方に観戦していただきました。ありがとうございます。
対局していただいたfreedom55さん、ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

穴熊への駆け引き

SMK王位戦はmmmwww@棋聖 対 ygorouさんが決勝に駒を進め、mmmwwwさんが二冠か、ygorouさんの初タイトルかが懸かっており、非常に興味深い対決となっています。
ちなみに、私はあっさり2敗で終了し、次の棋戦を待ち望んでおりました(笑)

いよいよ、SMK棋聖戦が開幕しました。
当初は予想もする予定だったのですが、先の読めない間に開幕してしまいました^^;

棋聖戦初戦の対局者はsyu2619さん。対戦成績は2勝2敗。
初めの頃は2連敗と分が悪かったですが、ようやく五分に戻すことができました。
しゅうさんは割となんでも指してくる器用なタイプ。
最近は振り飛車を多用しているようであり、ゴキゲン中飛車を予想していました。



当初の予想に反して、まったく予期していなかった四間飛車に。
しゅうさんは穴熊を目指していたようで、私の方も今回は初志貫徹で穴熊を目指す予定だった。
ということで、相穴熊になるはずだったのだが、しゅうさんは居飛車側の穴熊は拒否したいということで向かい飛車に。
▲9八香と上がらせてからの方が得ではないかと思っていたのだが、後手側も具体的に待つ手が難しいらしく、早めの向かい飛車だったので、左美濃に変化した。

ただ、向かい飛車に対して4枚銀冠を目指そうとしたのがあまりよくなかったかもしれない。
たしかに先手は玉をある程度固められたが、後手に捌きの陣形を築かれてしまい、悪くしたと思った。
せめて、▲4六歩を突いてから固めるべきだった。
37手目の▲1六歩もできれば省略したい手だが、何かのときの△1五角を考えると、指さざるを得なかった。

46手目、陣形が崩れた瞬間を待ち望んでいたように開戦。
2筋に手をつけるも相手してもらえず、だいぶ苦しく感じた。
ただ54手目、ここでは△6五歩が怖い手。▲同歩には△6六歩だし、かといって手抜くことも難しい。
ここは相当後手のチャンスだったように思う。
また57手目の▲7八金では、手損でも▲7八銀と指すべきだった。この方が歩の成り捨てに対処しやすい。
▲8七銀と指したんだから、▲7八金と指すという先入観に囚われていた。柔軟性がなかった。

68手目で駒を取りに行ったのがかえって後手玉を薄くしてしまったようだ。
72手目の△5三同飛に▲4六角と出れば5五に何か打つ手だと思っていたので、重くなった瞬間に決めようと思っていた。
本譜は空いた6五を逆用し、なんとか勝利を収めることができた。


特に中盤では甘い手が多かったかな、という印象です。
しゅうさんに絶好のタイミングで仕掛けられてしまいました。
攻め方もよく分からず、▲6四歩(金が離れた)や▲5二歩(底歩が打てなくなった)で怪しく迫ったのが、しゅうさんを混乱させてしまったかもしれません。

とりあえずは、ブロックのR最上位者の意地でなんとか踏み止まりました^^;
次回はfreedom55さんとの明日対戦。こちらも楽しみです。

しゅうさん、対局ありがとうございましたm(_ _)m
プロフィール

fujitsu2009

Author:fujitsu2009
将棋倶楽部24にて初段を目指し奮闘中。最高Rは1504(11月12日現在)。あと一息。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。