スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドゲーム

お待たせしました!?久しぶりのブログ登場です^^;自分のブログなのに、ね……
実は昨日も書いたのですが、誤って消してしまいました……無念なり。
まずは試験が一段落したので、これからは勉強しつつ将棋の方も頑張っていきたいと思ってます。

さて、復帰第一弾は王将戦になりました。王将戦は過去に決勝戦まで登りつめたこともあり、早指しではありますが相性のいい棋戦だと思っています。
そして、たかしーさんブログでまさかの大本命に抜擢され、これは勝つしかない!(今回は復帰戦だったので下馬評は低いと思ってました^^;)
初戦の相手はSnus mumrikさん。過去1勝していますが、私の苦手な石田流を使ってくることもあり苦戦するだろうと思っていました。
※これまでコメントは棋譜と一緒に書いていましたが、志士さんのやり方を拝借して棋譜の下にメモするようにしました。



・メモ
33手目までは何の変哲もない駒組み。
34手目、△2四歩としたのが敗着のような手で、ここで△6三金としておけばお互いに動きにくい将棋。△6三金には▲4六歩が予想されるが、△8二飛と引いておき、次に△9二飛~△7二飛のような手で千日手を狙える。先手が無理矢理打開する展開であれば後手不満はないでしょう。プロの実戦では左美濃を目指す展開が多いので△2四歩としておいて大丈夫だとばかり思っていた。ただ実際に形も違い、そもそも考えてみれば先手だけ飛車先が軽くなり、角も使いやすくなるということで、△6三金は絶対手だった。
50手目は次に▲7五金が見えていただけにもったいなかった。△8六歩なしに△6三角としていれば銀損もしなかったし、△7四飛と飛車交換を迫る手もありそう。これなら悪いなりにアヤがあったか。
以下はくそ粘りしたものの、序盤のミス、中盤の駒損が響き完封負け。15分ならまた違った展開になっただろうが、考えないと手が見えないようではまだまだ甘い。

というわけで復帰戦は黒星で終了。次回竜王戦まではきっちり修正して臨みたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

fujitsu2009

Author:fujitsu2009
将棋倶楽部24にて初段を目指し奮闘中。最高Rは1504(11月12日現在)。あと一息。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。