スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年、SMK棋戦を振り返る

早いもので、あと7時間ほどで新年ですね。
みなさま、良いお年を(遅)

せっかくなので、今年一年のSMKの成績を書いておきたいと思います。
今年参加したSMK棋戦
・第17期竜王戦 2勝1敗
・第14期王将戦 0勝1敗
・第18期竜王戦 1勝1敗
・第15期順位戦 5勝3敗
・第17期王位戦 0勝2敗
・第17期棋聖戦(進行中) 2勝0敗
 合計      10勝8敗

参加した棋戦が少なかった割には、それなりに指せたのかもしれません。
集計結果は10勝8敗でした。ただ、これにはトリックがあって(笑)、先手番はそのうち13局(0.72)!
今年の棋戦では驚異的に先手番を取る確率が高かったです。
ただ、第13期順位戦では後手が多くて嘆いていたので、そのツケを払ってくれたのかなと思っています。
恐らく、これでだいたいバランスが取れたはず。

ちょっと前までは先手信奉者だったのですが、最近はあまり積極的に攻めていくことがなくなりましたし、後手でも平気で△8四歩を突けるようになりました。
昔は戦法の幅を広く持とうといろいろ手を出していたんですが、たとえ相手が苦手な作戦を指したところで自分がうまく指せるわけではないし、上位の人はある程度作戦を読まれてなんぼだろう、と考えるようになりました(笑)

あとは今年の棋戦で心がけたのは、なるべく相手の得意戦法で戦うということ。
別にこれは相手に心理的ダメージを与えようということではなくて、その作戦のスペシャリストに訊けば、だいたい正しい答えが返ってくるのではないかと思っているからです。
一応、SMK棋戦では戦う相手が分かっているので、事前に多かれ少なかれ棋譜を確認して、余裕があれば作戦など立てて挑むのですが、盤で研究してみたのと、実戦で相手を前に戦うのとでは、まったく違います。
盤での研究では、まあ、これくらいで指せるだろうと思っていたけれども、いざ実戦で試すと意外に難しかったということはよくあることです。
その盤面での研究が正しかったかどうか、実際に指してみてどういう風に思ったか、これを訊くために相手の懐で戦うよう心がけました。

そんなところでしょうか。読みにくかったですね^^;箇条書きにすればよかったかなと反省。
プロフィール

fujitsu2009

Author:fujitsu2009
将棋倶楽部24にて初段を目指し奮闘中。最高Rは1504(11月12日現在)。あと一息。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。