スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

局後メモ③

●後手番 vs3級 ▲変速袖飛車
 矢倉の出だしから▲6七銀と上がり、雁木模様と思ったら向かい飛車にされた。
 後手も玉を囲いに行くが、囲い方が悪かった。飛車を振られたということで左美濃を目指したものの、相手の角筋が通っているので、危険を冒してまで左美濃にすることはなかった。
 むしろ普通に矢倉を目指して、隙あらば穴熊、といった展開の方が良かっただろう。
 本譜は無駄に歩損をし、結局3筋に飛車、銀、角と集中されてしまい、いいところなく完敗。
 相手が玉飛接近形の棋理に反した形だったので、なにがなんでも咎めたかったが、そうは問屋が卸さなかった。
 こういう将棋を指している限りは絶対に初段になれない。とても悔しい負けである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fujitsu2009

Author:fujitsu2009
将棋倶楽部24にて初段を目指し奮闘中。最高Rは1504(11月12日現在)。あと一息。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。