スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜王の壁

SMK竜王戦、予選決勝から。
対戦相手はtaka-c@竜王。通算は1敗。ただ、リアルで教えていただいたこともあり、お互いに棋風は知っていると思います(笑)
竜王戦は予選勝ちあがりが難しく、未だ決勝トーナメント進出が果たせていない棋戦。今回は決勝トーナメント進出を決めるべく、いつも以上に気合を入れて臨みました。
戦型は前評判どおり?の矢倉戦となりました。



たかしーさんは端攻めが得意ということをどこかで聞いたことがあったので(笑)、それならどうぞと森下システム。しかし、△9四歩に▲3七銀を決めたため▲3七銀戦法。さらに、後手が右銀の態度を決めなかったため、▲4六銀戦法、と(笑)めまぐるしい序盤の作戦変更だった。
しかも、この場合は端を詰めての▲4六銀なので先手がだいぶ得している(はず)。後手は遅くとも38手目には△5三銀と上がらなければならなかった。
47手目▲2五桂で戦闘開始。ここで一手待つと△9二飛と寄られ、本譜の順になったとき▲4六角で馬を消せなくなる。しかし、この定跡、後手有利が定説だったか?具体的手順はよく分からなくなったため省略(苦笑)もしかしたら先手が端を詰めているので結論は逆になっているかもしれない。どのタイミングでの△4五歩が成立するか非常に難しい。本譜は指せると判断。
56手目の△9六歩から一歩入手し、△4四歩から銀を殺す構想。しかし、▲6五歩が狙いの一着で、▲6六角が玉を睨んで強烈になるので指せると思った。
ただ、ここからが難しかった。67手目に歩切れを突いて▲3四銀から強襲したが、結果的には微妙。ここは▲1九香と据える手だったかもしれない。△4五歩と銀を取れば▲1三桂成から端へ殺到する。△同銀▲1四歩△同銀▲同香△同香▲同香△1三歩でどうか。ただこれもよく明快な筋ではなく、優劣不明だ。正直なところこれでも自信がない。▲1四歩△同歩▲1三歩の筋が決められれば、これが一番明快のような気もする。この局面はまったく分からない。
ちなみに東大将棋だと単純に▲3三桂成だった。一度桂馬を抜いてから再度▲2五桂が厳しいということだろうか。
しばらく進み、105手目。ここで▲3五角が厳しいのではないかというマッキーさんの指摘。なるほど、△同飛成には▲3四桂があり嫌な筋だ。厳しそうではある。
さらに、107手目は単純に▲1三香成が厳しかった。玉を上部に逃がしたら負けと思っていたので盲点になっていた。なんのことはない、角がただで取れれば悪いはずがなかった。よって、△3二玉と逃げるが銀一枚手持ちなのが大きい。結果的には打った▲1一銀がただで取られ、万事休した。


この形での△4五歩が成立するのか、結局よく分かりません……そういえば、▲4六銀戦法(後手が△1四歩と受けている形ですが)▲2五桂跳ねる前に、▲6五歩を入れる将棋がプロでは多かったのを思い出しました^^;55手目に△5九角なら後手良しだったかもしれません。ということは47手目▲2五桂は悪手の可能性が高い。
本譜は部分的に香得だったので、悪いはずがないと思って指していました。細いながらも攻めは繋がっていたので、なんとかなってたのかな?結果的には駒損しながらも歩をたくさん持っていましたし、先手先手で攻めることができたと思います。
ただ決め所が甘いというか、妙な固定観念に縛られて決め手に欠けました。先手も勝つチャンスはあったと思います。最後は結果的に先手の香を吊り上げたのが生きる展開にされてしまいました。こうなることを序盤から狙っていたりして^^;
たかしーさんとの矢倉での対戦はいつもギリギリの勝負なります。その中で全部負けているということは僕自身が終盤弱いということもありますが、たかしーさんの紛れを求めさせる勝負術が長けていることもあるでしょう。そういうところを吸収していかねばならないと思いました。

竜王戦も実質2回戦で敗退。また一歩及ばずで決勝Tを逃しました。結果は残念でしたが、気持ちを切り替えて順位戦に臨みたいと思います。
たかしーさん、ありがとうございましたm(_ _)m

・追記
今日盤で並べてみたら、91手目に▲4五桂がありそう。実はこの手は第一感で△4五同歩でダメと見ていた。しかし、それなら▲3四歩があまりに厳しくないか?
ということで△4三金と寄るが、そこで▲3四歩と垂らし、もし△3二歩と受ければ(△3四同金は銀がタダ)、▲1一角!が強烈。△同玉は▲1三香成で受け駒が難しく、また▲1二歩や▲1四歩が利くのが大きい。また▲1一角に△1二玉には今度歩頭に▲3三銀!が詰めろ飛車取り。△3一銀▲4二銀成△同銀引に▲4四角引成でどうか。正確に受ければ難しいと思うが、狭い升目に呼び込んで先手としては有力な変化だと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんはー

コメントがすっかり遅れちゃいましたが。。。
この前の対局、お疲れさまでしたー
fujitsuさんの最近の将棋を見ていて、苦戦は予想してましたが、
正直ここまでとは思わなかったです・・・汗

91手目の▲4五桂はありそうですねー
△4三金以下の展開は後手もちょっと苦しいので、
▲4五桂には△4一桂か、思い切って△同歩▲3四歩に△4四銀打で、
強引に入玉を狙うか・・・
いずれにしても、本譜よりは良さそうですねえ。

あと局後にちょっと思ったのが、119手目に▲6八銀と引かれると、
さてどうしたものかと・・・^^;

あ・・・

よくよく考えると、△4一桂でもなんでも、やっぱり▲1一角が入りますねえ。
対局中は指されたらまずそうな気がしたけど、やっぱりまずかったかも。^^;

竜王の壁は厚かったです(笑)

たかしーさん、コメントありがとうございますm(_ _)m
そして、先日の対局はありがとうございました。
この将棋でもたかしーさんがよくなる順があって、決して完璧なわけではないんです。
偶然、途中までは巧くいったといった感じでしょうか^^;

91手目の▲4五桂に、△4一桂はまったく見えてませんでした。でもたしかに▲1一角が厳しそうですね。王様の網を絞ればなんとかなりそうかな。
むしろ、△同歩▲3四歩△4四銀打の方が嫌ですかね(笑)この順も盤で考えてはいたつもりですが、途中で打ち切っちゃいました^^;
やはり、いずれ▲5一角でも狙うんでしょうか。入玉阻止できるか否かの勝負になりそうですね。

119手目の▲6八銀はいかにもなるほどって手ですね!
対局していたときは▲1一銀を取られて負けにしたと思っていたので、▲7九香で負けを早めてしまいました。▲6八香ならもう少し粘れたかなと思いましたけど、7七に逃げ道を作るのがいい手なんですね。
その辺りの粘りが足りなかったです。先手としてもとりあえず▲8一飛成が回ってくれば面白くできたかもしれない。個人的には粘っていたつもりでも、ちょっとお粗末でした。

幸い順位戦もA級入りし、またたかしーさんと対戦する機会を得られました。
なんとか一矢報いられるように頑張ります(笑)
プロフィール

fujitsu2009

Author:fujitsu2009
将棋倶楽部24にて初段を目指し奮闘中。最高Rは1504(11月12日現在)。あと一息。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。