スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩の威力

SMKA級順位戦第6局。対戦相手はgon.bisu3さん。初手合いです。
以前は角交換型の四間飛車などを指されていたようですが、前回の順位戦では居飛車でしたので、居飛車系統の将棋になると踏んでいました。



gon.bisu3さんが体調不良で感想戦ができなかったため、sonicspeedさんに加わっていただきました。ありがとうございますm(_ _)m

後手の横歩取りの注文に対して、先日の竜王戦でも横歩取りだったのでやろうかどうか悩んだが、今回は力戦模様の相掛かりに。
21手目までは初戦で戦ったイーグルさんとの対局と同一局面。
今回は▲8六歩を取らず、先手は銀冠、後手は右玉の構えに落ち着いた。

32手目の局面で、▲5六歩を突くべきではなかったかもしれない。5七に銀がくるのが堅いが、後手から6五を突いた手が厳しくなる可能性が高く、さらに5七の銀が動いてしまうと一歩持たれているので△6六歩~△3九角の筋が厳しい。

50手目で△4五銀を考えてなかった。指されてみれば当然だったかもしれない。ただ、△4五銀を出るなら端の交換はなかった方がよかった。
ここでソニックさんに▲2七角の筋を指摘された。銀が捕獲できれば先手がよくなる。△5五歩あたりから攻めてこられる展開になると思うが、もしかしたら最善だったかも。
また、56手目で△3四銀と引かれると二の矢がなかった。なぜか銀を引く手が見えてなかった。ただ△3六銀も有力だったので迷われたかもしれない。

76手目に△6六歩だとあまり自信がなかった。以下、▲6六同金△6八成銀▲同金で一段目か二段目に飛車を打たれる筋が厳しそう。受けの最強の手段は▲4四馬(王手)から、金を自陣に打つ手もある。
対局中はちょっと悪いかと思ったが、銀冠が堅いのでなんとかなったかもしれない。

81手目の▲6四歩が強烈な手だった。もらった一歩で金銀を離せるのは大きい。△7二銀のときは飛車は右辺から打つ。

91手目は▲5一銀が控え室の前評判(ソニックさん談)だったらしいが、△7一玉とかわされると難しいと思っていた。▲8一金で決まらない(△8一同角は▲6二飛成までだが、△6一玉で攻めきれない)ので、▲8三金と打ってどうだろう。ただ、実際金を持たれるとかえって難しくなると思った。
角と銀を換えてから95手目に▲5一角。今度△7一玉には▲7三角成で勝負できる。ここで▲8一飛成で怯むと負けると思った。
98手目に△5二金は▲5四香。△5二銀が最善に思えたが、王手してから▲3四香が厳しかった。
108手目に△4三角打が最強の受けかと思えたが、▲2二銀△2四玉に▲5四竜が決め手になるので、ここまでくると先手勝ちは揺るがないようだ。


かなり細い攻めでしたので確信はありませんでしたが、▲6四歩が厳しかったと思います。最後の最後で▲1七桂が利いてくるなど、運が良かったです。1筋の交換がなければだいぶ違う展開になっただろうと思います。
gon.bisuさんは攻めに重きを置いているような印象でしたので、横歩取りだと一刀両断にされたかもしれませんね^^;
中盤を努力しないといけないと感じる一局でした。


なんとか2敗を守りました。不戦勝がある身としては他力なのですが、チャンスがあれば初杯を狙っていきたいと思います(笑)
先手番が多くて、後の反動が怖いです^^;
gon.bisu3さん、ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fujitsu2009

Author:fujitsu2009
将棋倶楽部24にて初段を目指し奮闘中。最高Rは1504(11月12日現在)。あと一息。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。