スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジリ貧の大一番

いよいよ大詰め。最終節は初杯を懸けた大一番となりました。勝てば初杯、負ければ陥落(はしないかw)。
最終局の対戦相手はsonicspeedさん。これまでの対戦成績は5敗。
ソニックさんとも割合良くあたっているようで、最多対局者タイ(6局目)となりました。
前回、あれで勝てなかったら何で勝てるのかという必勝形で落とし、対策に苦慮していました。



予想どおりのゴキゲン中飛車に、今回の作戦はプロ間で流行っている超速▲3七銀。
なんとなく棋風にあってなさそうな感じを抱きつつも、1つの形に凝り固まるのが好きではないのでやってみた。

29手目の▲2七飛打はやってみたかった手。他に、▲3八飛打、▲5八飛打、▲1八飛などがあるようだ。
ただ、△5六歩に▲6六銀がよくなかった。ここでは▲6八銀と引き、△8八角成▲同玉△5五角▲7七角と指すべきだった。
単純な王手飛車と勘違いしていたせいもあり、この手が指せなかった。

38手目△2五歩が完全な見落とし。△2八飛と△2三銀を狙われ、いっぺんに悪くなった。
ただ指すならせめて▲2一飛成だった。△2二銀打など余計なことを考えてしまったが、▲2三歩で何事もない。
△2八飛に対する▲5八歩の対応も良くなく、ここでは▲3八角だった。△2七銀が見えているだけに指しにくいが、その瞬間に▲3九金とし、飛車を取り除けばまだしもだった。
すっかり忘れていたが、NHK杯の丸山‐羽生戦でこういう形があった。それすらも覚えていないでこの作戦をやってしまったのが悔やまれる。

67手目▲7四桂をソニックさんは恐れていたようだが、局後の検討によると、後手が凌いでいた。
どうもこのあたりは既に負けているようだ。
△8八金を見落としているようでは勝つ目はなく、負けるべくして負けた。


せっかくの大一番でまったく自分の将棋が指せなかったことが情けないです。
指してみた印象では△5六歩が想像以上にプレッシャーだったのと、薄い舟囲いは扱えなかったです。
棋風に合わないことをやってしまいましたが、この作戦をやってみたかったという意味での棋風は出たかな(笑)
本当に勝ちにいくなら穴熊をするべきだったと思いますが、一つの形に凝り固まるのが好きでなく、またゴキゲンに対して有力そうな急戦が多いことが、逆に迷いを生じさせたかもしれません。


それにしてもソニックさんに対して6敗目。ちょっと白星を献上し過ぎですね。
ソニックさん自体が苦手とはあまり思っていなかったですが、さすがにここまで勝てないと一策講じないといけませんね……講じてるつもりですけど。
ゴキゲン中飛車を避けるとか、もっと根本的な問題なのかもしれません。
考えてみれば中飛車に対しては分が悪く、勝率は4割いってるかどうかくらい。中飛車アレルギーなんですね、きっと。
対ゴキゲン対策を少し考えてみたいと思います。

ソニックさん、ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

対局ありがとうございました

言われて調べてみたら、手順の前後はあるものの、
38手目の局面は、NHK杯の丸山-羽生戦と完全に同一局面でした。
私の頭にうろ覚えに残っていた2五歩を見たのも、この将棋だったかもしれません。
丸山-羽生戦では、感想戦でも出た、▲2一飛成△2八飛に▲3八角△2七銀▲3九金と進んでました。
ただ、その後、ほぼ一直線の攻め合いで後手が勝っているので、
おそらくこの変化は、後手良しで決着がついているのではないかと。
ということで、現在は31手目に▲6八銀になっているのだと思われます。

ありがとうございました

そんな将棋あったなぁ~、と指している時に思ったんですが、全然後の進行が記憶になかったですね^^;
なんとなく、金銀で3筋抑えてるのに、2筋から行くのは理に適ってない感じがします。
ただ、将来5八に打つ歩が欲しいんですよね……
ぼくは、▲6八銀を知りませんでした。
ある意味、知ってるか知らないかで決着がついてしまったかもしれませんね。
残念。
プロフィール

fujitsu2009

Author:fujitsu2009
将棋倶楽部24にて初段を目指し奮闘中。最高Rは1504(11月12日現在)。あと一息。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。