スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴキゲン中飛車対策講

ゴキゲン中飛車に対して有力な作戦は多いですが、今まで採用した作戦の感想や、これからやってみようと思っている作戦を羅列。

・丸山ワクチン
▲2二角成と換えて、矢倉や左美濃に囲う作戦。割合、ゴキゲン中飛車が出だした頃はこの作戦を採用していたと思う。
玉をある程度堅くできるのは魅力的。
ただ、手詰まりになって打開策が難しい。角を打ち込まれるリスクを背負うか、千日手にするか。先手で千日手はつまらないと思う。(面倒なので仔細には述べないが、後手でこの作戦だと早めの△1四歩に相手する必要もなく、5筋を切られる)
また、△2五桂の筋が生じる可能性があって、かなり神経を使う。

・▲5八金右超急戦
積極的に2筋を切っていく作戦。後手が妥協しなければいきなり終盤戦に突入する。
研究勝負の一面が強い。好戦的な人には向いていると思う。
この作戦も一時期採用。ただ、知っているか知らないかで決着がついてしまうことが多いので、力を出し切れずに終わることが多かった。

・▲3七銀急戦(二枚銀?)
5五を奪還しに行く作戦。成功すれば押さえ込めるが、後手は積極的に捌きに来る。
角交換を拒否するが、問題は角の使い方が難しい。終盤で7九引いたりするのかな。
しかし、3三、2二のラインで使えないなら、始めから角道を開く必要性を感じない。
銀が上がるから仕方ないんだけどね……

・超速▲3七銀
△5六歩が想像以上にイヤな手だった。また、囲い合いではないので一直線になりやすい。
薄いので、一発入るとずるずるいきやすい。

・▲7八金型
たしか馬を作るような定跡があったけども、馬を作っても押さえ込まれるんでは積極的にやろうとは考えていない。

・▲4七銀型
5筋の位を取ってくる作戦に対して理には適ってるのだろうけれど、手詰まりになりやすい。
わざと先手の飛車先を保留して▲2五銀を狙うような手もあったけど、捌きに来られると自信がない。
先手の飛車が2八にいるのに、歩の上にさらに銀がいて、その形になにか抵抗があるんですよね^^;

・穴熊
最近の対策はわからないが、状況によって▲8八銀と閉めなければそれなりに使える作戦。
ある程度は後手の攻めを受ける必要があり、消極的といえば消極的かもしれない。
先手の右辺でポイントを挙げられる可能性が高い。
ただ、戦いになれば堅さを生かせる、かも。

・△5四歩型
出だし、▲7六歩△8四歩▲5六歩△8五歩▲7七角に△5四歩を突いて位取りを拒否する指し方。
多分角交換になるので、バランス感覚が求められる。後手なので打開はしなくても大丈夫。
ただ先手番だとこの作戦は取れない。基本的に初手▲7六歩なもので……

・飯島流
先ほどと出だしは一緒だが、今度は角道をあけずに△3二銀~△3一角のルートで使う。
ただ、角を5三か6四に上がらなくてはならず、先手に簡単に5筋切られてしまうのに指しづらさがある。
また、居飛車でこられると飛車先は受けれない。対振り飛車専門なところがある。
でも、王様は普通の左美濃より数段堅いと思う。絶対の振り飛車党ならやってみたい。
問題は後手専門の作戦。先手のときは▲2五歩は極力保留したいし、初手▲7六歩が多いからである。


こんなもんかな?意外と先手番での対策の方が苦労している気がします。
一番使えるだろうと思うのはやはり穴熊。やっぱり玉が遠いのは魅力。
後手なら位取り拒否や飯島流もあり。
急戦は自信ないですねぇー(苦笑)
やるとすれば二枚銀なのかな。
書かなかったけど、相振りみたいなのもありますね。これも後手専門だけど^^;
あとはもうしっちゃかめっちゃかの力戦にするしかないかも(笑)

ソニックさんはこれを参考に次回の対策を練ってきてください(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ふむふむ

なるほど、参考になりますなあv-295
私個人としては、全体に持久戦相手の方が苦労してます。
taka-cさんにまで穴熊v-285でやられたりしましたし、
丸山ワクチンも、分かれはこちら悪くなくても、堅い先手玉を攻めあぐねて逆転されたりします。
超急戦は研究勝負になるので、ちょっと難しい。
飯島流は有力だと思います。
中飛車側は、先手より後手の方がやりやすい面はありますね。
次回の対策……持久戦は少し勉強しないといけないかなあ。

勢いで書きました(笑)

多分、ぼくは持久戦の方が力を発揮しやすいんでしょうが、ゴキゲンに激しく来られると攻め合いになっちゃう。
だから、あまり勝率がよくない気がします。
最近のゴキゲンに対する穴熊はよく分かりませんが、まだゴキゲン側がはっきり良しの作戦はなかったと思います。
急戦もほとんど結論出ていないと思うけど、やっぱり薄いから勝ちづらい。
そう考えると穴熊なんだろうなぁ~。

正直に言うと、ゴキゲンでこれ試してみたいなぁ~っていうのがもうないですね。
ある程度やってしまいました^^;
急戦はしっくりこなかった。
となると、もう持久戦しかないかもしれない。
あとはプロでなにか新しい作戦が流行るかどうか。

次回当たるときも避けませんといいたいところですが、これだけ勝てないとなんとも言えませんね。
その日の気分で決まると思います(笑)
プロフィール

fujitsu2009

Author:fujitsu2009
将棋倶楽部24にて初段を目指し奮闘中。最高Rは1504(11月12日現在)。あと一息。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。