スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝負に勝ったが、試合で負けた

順位戦6回戦はGT-Toshiさんとの対戦。
珍しく角換わり模様の出だしとなったが、志士さんが角交換を拒否したため矢倉になった。

20120121

5筋の位を取り意欲的に指したが、ここは△3一角から素直に飛車先を交換しにいくべきだった。
結局、この角を目標に棒銀で攻めてこられる。
左美濃で棒銀に相対するのは難しく、5筋の位を取るならば少なくともカニ囲いの形にしなければならなかった。

20120121

図は後手必敗の形。完全に作戦負けだった。ここで▲2三歩成なら投了しようとも考えていた。
しかし、▲7七角が疑問手だったか。後手は角がさばけて△2二歩と打ち、すぐ負けることはなくなった。
まだ先手の形勢がいいものの、完全に負けたと思っていただけに後手はやる気を出す。

20120121

図では△4九銀と攻めるべきだった。ここで▲6八同飛ならば△5九銀に▲8八飛がある。
すぐ△4九銀に▲8八飛ならば、そこで△8六歩が打てるというわけ。
この局面で歩切れは痛いのだ。
本譜は▲6八同玉が悪手になってしまい、逆転した。

これで志士さんとは5勝5敗の五分。
実力のある方と互角に戦っているのは奇跡としか言いようがない。
これからもなんとか引き離されないようについていきたいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fujitsu2009

Author:fujitsu2009
将棋倶楽部24にて初段を目指し奮闘中。最高Rは1504(11月12日現在)。あと一息。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。