スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復調の兆し

順位戦7回戦はGETAYAさんとの対局。
振り飛車党に早い▲2五歩は向かい飛車の可能性を与えて損だと思うが、
いつも四間飛車だったので今日は気分を変えて向かい飛車でもどうですかと打診したところ、
ゲタヤさんは向かい飛車に振った。

20120128

向かい飛車だと先手から手を出しにくいので固めて待つ。
後手はこれ以上いい形にしづらいようで、仕掛けてこられた。
これで潰れてしまえば、先手の玉固め作戦は失敗になる。

20120128

図は6六で金と銀の交換になったところ。
ここで▲5八飛が一石三鳥くらいの手。
これは△5二飛と回る手を消したのと、△3九角成のときの飛車あたり当たりを消しつつ、△5七歩であれば角が成れないという寸法。
▲5八飛に△8五桂~△9七歩~△7七金と迫られたが、▲8八銀打としっかり受けて玉の堅さは申し分なかった。

20120128

ところが、ここで▲6五歩が逸機。角を成られても単純な飛車取りにはなっていないが、この形で飛車を渡すのはやはり苦しい。
ここでは▲6九金と受けていけば完璧だった。歩切れの後手は継続手段が難しい。
△2六角にびっくりしてしまい、頭が真っ白になってしまった。

このあとやはり飛車を取られて負けるのだが、
途中まで無条件に駒損していたときと違ってなんとかなりそうな気配がした。
相性の良かったゲタヤさんにはじめて土をつけられたが、
復調へのヒントをつかめたような、そんな一局だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fujitsu2009

Author:fujitsu2009
将棋倶楽部24にて初段を目指し奮闘中。最高Rは1504(11月12日現在)。あと一息。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。